ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速料金の値下と環境対策

3連休の中で、一部の高速道路が先行して、料金の値下げを実施していた。
確かに、観光客が大勢訪れ、一時的な景気対策としては良いのかもしれない。

が、環境対策のことって、ちゃんと考えているのだろうか?
自家用車の利用を促進することは、「ノーマイカーデー」等を呼びかけている
各地の公共交通機関の方向性と明らかに異なっている。
少し前まで、
「環境に優しく生活するために、公共交通機関を利用しましょう」
というポスターやCMがいくつも放送されていたはずです。
平日と週末では利用者が異なるから、問題ないということかもしれないが、
実際に、渋滞が発生している状況を考えるといかがなものかと思う。


仕事柄、時折、マスコミの取材等を受けることがあるが、
その際に感じることは、
「環境対策は経営的に余裕がある会社が行うもの」
という認識があるように思う。

実際、年が明けて3か月近くがたつが、その間に取材を受けた内容は、
 「経済危機のなか、環境対策投資が減少していくのではないか」
 「景気悪化のなかで、環境投資を行うメリットが本当にあるのか」
 「CSRを実施するために、今どのようにこの経済危機を乗り越えるべきか」

といったものだった。

質問をする前提として、
 「環境対策は経営のマイナス要因」というものがあるように感じた。

もちろん、中小企業の経営実態は残念ながらそういう傾向にあるのは事実だ。
しかし、今回の高速料金の値下げは、
「環境」よりも「経済優先」という考え方を政府そのものが認めるようなものではないかと思う。
少し憂鬱に感じる。

そもそも、本当に経済対策として実施するのであれば、
トラックなどの商用車の物流コストを下げるための料金削減を実施すべきであり、
自家用車に限定した今回の政策は一時的なものにしかなりえないように思う。

例えば、環境対応車について、割引を実施するなど、
短期的な視点ではなく、バランスが取れた長期的な視点での政策実施があればよいと思う。


スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。