ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故情報の共有

11/2に九州自動車道で大きな交通事故が起きた。
自分がちょうど自動車道を利用しようとしていたタイミングであり、その渋滞に巻き込まれた。
お客様のとろこには1時間半近くほど遅れて到着し、非常に迷惑をかけてしまった。

高速道路は、一度入ってしまえば、ICまで降りることができない。
よって、乗る前に事故情報がわかれば、下の道を利用するなど、なんとか回避するしかない。

福岡の場合、福岡都市高速から九州自動車道に接続しており、
自分も昨日は都市高速から九州自動車道を利用する予定だった。

都市高速に乗る際に、「太宰府IC入り口1km渋滞」と書かれていた。
あぁ、これはいつもの自然渋滞だと思い、
あまり気にすることなく都市高速にのった。
すると、いきなり1kmどろこではなく、5km先からすでに渋滞が始まっていた。
どういうことから、停車中にネットで確認すると、
九州自動車道で事故情報があった。

もし、事故発生から1時間以上経過している状態であり、
その情報を事前にアップしていたら、都市高速そのものを回避することができた。
なのに、電光掲示板に表示されているものは、あくまでも都市高速道路内の情報のみ。
九州自動車道の事故情報は掲示されていなかった。

ノロノロと大幅に時間を超過しながら太宰府IC近くまでくると、
九州自動車道の電光掲示板が見えてきて、そこには、「事故発生 15km渋滞」と表示されていた。

あとで、確認したところ、
福岡都市高速と九州自動車道は会社が違うので、情報提供ができないとのことだった。

情けない・・・。
なぜ、利用者目線で運用できないのか・・・。

東京の地下鉄等の路線乗り換えに慣れていると、
こうした道路公団の対応には嫌気がでてしまう。




スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。