ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウンドを守るのは投手だけではない。

本日、出張の合間に横浜スタジアムでの広島カープの試合を見に行った。
昨年9月にマツダスタジアムでのヤクルトとの試合で逆転負けをして以来の野球観戦です。

昨年9月の試合では、
9回表のピンチに、誰もマウンドに行かず、ベンチから明確な指示もないまま、
逆転を喫し、
その裏の攻撃で、カープがチャンスの時に、
ヤクルトは宮本選手がすかさずマウンドに行って、投手や野手たちを落ち着かせるというシーンがあった。
その結果、
ヤクルトと広島の違いは、リーダーがいるかどうかだと痛切に感じた。

今日の試合は、広島の完勝であったが、
結果以上にうれしいのが、野手(特に堂林)の成長だ。
先発投手大竹が8回裏にどこか変調をきたすと、
すぐに堂林がマウントに駆け寄った。
一言、二言声をかけて、定位置に戻った。
昨年まではあまり見られなかった光景だった。

9回裏、二死から連打されて、ピンチになった。
そのときは、遊撃手の安部がすぐさま駆け寄った。
これも昨年までなかった光景だ。

マウンドを守るのは当然投手の役割だ。
しかり、それを支えるのは野手陣であるはず。
そんな当たり前のことが実践できていないのが昨年までの広島カープだった。

今年は違うと感じた。
まだ、最下位のままだが、今日の試合をみて、今年は十分に可能性があると思った。

今年は、数字には乗らないプレーを応援していきたいと思った。

スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。