ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集合教育の方法論

弊社では昨年12月に教育サービスに羹するISOマネジメントシステム規格であるISO29990の認証を取得した。
年度替わりに当たり、認定マークを名刺につけることにした。
新しい名刺が届き、「認定にふさわしい活動をしなければ」と改めて思った。

しかし、「教育」ってやはり難しいと思う。
多くの場合、講師が理解していることを「教えること」を教育と考えているケースが多い。
一方通行になっているケースが多い。
けれども、受講者の立場にたてば、「知ること」ではなく「理解できたこと」が大切である。

ここが重要であり、多くの講師は、理解させるために
 ・図表や写真を活用したり、
 ・グループディスカッションをさせたり、
 ・ロールプレイをさせたり
といろいろな工夫を行っている。

が、一番のポイントは、受講者による「自発的に学ぶ姿勢」が大切である。
講師がすべきことは、「自発的に学べる環境を整えること」だと思う。

適切な教材を準備すること。
快適な学習環境をつくること。
十分なグループワークの時間を確保すること。
そして、なにより受講者をリラックスさせること。

ここができていないため、せっかくの講義も効果を発揮できないことが多い。
私自身、反省することが多いポイントでもある。

そして、次に大切なポイントは、そもそもの講義を受けにきた背景を理解することである。
講師がこの時に見落としがちなのが、「派遣担当者の思い」である。

講師は目の前の受講者を意識して、講義を進めることが多いが、
実際には、受講者を派遣した企業の担当者のニーズを把握できていないことが多い。

講師はせっかくだからと、AもBもCも教えようと思う。
しかし、企業の担当者は、「基礎を学んで欲しい」とか「見聞を広めて欲しい」としか考えていない場合もある。
これでは、ミスマッチが起きてしまう。

弊社では、ISO29990の認証取得に当たり、
受講者アンケートと派遣担当者アンケートを行うようにしているが、
やはりギャップが多くでていることがある。

今後も常に改善を図り、よりよいものを提供できるようになっていきたい。


スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。