ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネジメントシステム再生元年にしたい

TPPについての議論が百出している。どのような結論になるかは別にして、ビジネス環境に変化が起きることは間違いない。極端な言い方をすれば、「この変化を受け入れることができるかどうか」が、TTP参加への賛否の焦点ではないかと思う。

ここで、変化について考えてみたい。
環境の変化を受け入れるかどうかは、それによる自分の満足度の変化を受け入れられるかどうかだと思う。
Aさんが100、Bさんが80、Cさんが40の満足度とした場合に、Aさん、Bさんが変わらず、Cさんが50になったり、Bさん、Cさんが変わらずAさんが120になったりするように、他の人の満足度を損なうことなく、少なくとも一人の満足度を高めることができるように配分を行うことを「パレート改善」という。もちろん、Aさんが120、Bさんが90、Cさんが45というように全員の満足度が向上するようなケースも含まれる。
ここで注意すべきは、「誰もがハッピーになるような変化は、現実社会では基本的に起こりえない」ということだ。結果として、Aさんを90、Bさんを80、Cさんを50というように誰かの満足度を損なう形で、少なくとも一人以上の満足度を高める形になる。そして満足度が減退した人には一定の補填を行うという方法である。ただし、こうした補填方式では、成功者の意欲を阻害するということで効果的ではないと考えられている。そこで、「機会は平等にすることを目指す。結果は努力しだい」という競争原理が導入されているのが現状だ。
しかし、持つものと持たないものが同じ土俵にたてば、当然勝敗は自ずと決まってくる。これが経済格差を生み出している。最近の報道をみると、経済格差是正のための社会運動が各地で起きているが、大きな流れになるがどうかは不明だ。根底に自由経済の流れがある以上、機会平等の流れは変わらないと思う。

こうした経済事情の流れの中で、改めて求められているのがマネジメントシステム認証である。
機会を平等にするための条件としてマネジメントシステム認証の有無が再度注目されるようになっている。
例えば、TPP論議の中で大きなテーマとなっている農業だが、日本では最近になって地域ブランド認証制度やHACCP認証の義務化などが取り沙汰されている。海外ではアメリカが積極的に手を打っている。
2012年7月以降、アメリカへ食品を輸出するためには、米国食品安全強化法に基づくHACCPシステムを導入していることが義務化されている。

しかし、残念ながらこうした報道はほとんど行われていない。

TPPへの参加の有無は別にして、この変化に対応できるかどうかが生き延びれるかどうかの決め手になってくるといえる。そのためには、マネジメントシステムが必須となってくると思う。
今年をマネジメントシステム再生元年と位置づけ、頑張っていきたいと思う。

「市場は自由です。ただし、○○を持っていることが条件です」
スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。