ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エシカル消費が増えていくことを切に願う。

新年早々、タイガーマスク現象が発生していた。
「日本はまだまだ捨てたもんじゃない」と勇気づけられた人も大勢いたと思う。

が、私自身は少し違った感想を持った。

そもそも、匿名で寄付等を行わないといけないような風潮がおかしいのではないか・・・。

2011年1月14日の日本経済新聞によると、日本人の65%が「日頃、社会の一員として何か社会のために役立ちたい」と考えているという(2010年内閣府調査)。

この数字には非常に高いものだと思う。
しかし、実際に表立って、ボランティア活動や寄付活動を行うと、「あの人は儲かっているから」「お金を持っているから寄付するのは当然」というやっかみに近い批評をされることも多い。
こうした傾向が匿名での寄付などという形になっているのではないか?

こうした傾向を変えて、もっと気軽にボランティア活動や寄付活動に参加できる状態にすることが社会全体の閉塞感を打破するきっかけになるのではないかと思う。
その一つが「エシカル消費」だと思う。

先の、1月14日の日本経済新聞では、
売上の一部が寄付に回る商品を好んで購入するエシカルな消費者が増えていることが紹介されている。
エシカルとは、倫理的という意味であり、エシカル消費とは、社会規範に配慮した商品を優先的に消費行動を行うことを指す。最近、メディア等で紹介されているものが、ミネラルウォーターのキャンペーンであり、売上に応じて、アフリカに清潔な水を提供するというものが有名である。

また、福岡のスーパーである「ボンラパス」では、複数のボランティア団体を指定しており、その活動内容に賛同した場合、レシートをその団体に投票することができる。集計されたレシートの1%がその団体への寄付になるという仕組みになっている。これはイオンなど大手スーパーでも実践されているらしい。

このように、普段の消費活動を通じて、社会貢献していくことが定着すれば、消費を拡大していくこともできるし、純粋に喜ぶ人も増えるし、WIN-WINの関係が構築していけるのではないかと思う。



ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。