ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学物質管理の強化

日本経済新聞によると、
2010年度から化学物質を取り扱う企業に対して、すべての化学物質の製造、輸入量、用途について年1回の報告を義務付ける制度を導入するようだ。

EUの化学物質規制の日本版ともいえる制度。
確かに、環境影響などを考えると化学物質を管理していかないといけないと思う。
目に見えないものだけに、いつのまにか環境や健康に影響を及ぼしていることがあるといえる。

これまでのEU規制などは、あくまでもEUに輸出している場合が対象となっていたが、
今回の新しい制度では中小企業も含めてすべてが対象となる。
そのうえ、これまでの制度では、新規に作られた化学物質のみが対象であり、既存の物質等は対象外だったが、今回は既存物質もすべて報告の対象となる。
その数は2万種。

基本的に日本の製造業で化学物質を扱っていない企業はない。
対象となる化学物質が2万種ということは、基本的に日本の製造業がすべてが対象となるだろう。

1年間猶予があるため、中小企業が負担にならない化学物質管理の手法を検討していかないといけない。



スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。