ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄文期に九州で豆栽培?

九州各地で出土した3600-3000年前の縄文土器の表面に大豆や小豆の痕跡があることが熊本大学の調査で判明した。
もともと弥生時代以降に栽培がスタートしたということになっていたが、調査結果をもとに「縄文後期には九州地域にマメ科植物の栽培技術が反映して可能性があった」としている。
(2008年8月17日日本経済新聞)
+++++++++++++++
マメ科植物の栽培というのは、農耕文化の広がりを示すひとつの指標であり、それらが定説よりも早く日本に定着していたということは、日本人のルーツを探る意味でも重要な意味をもつ。
私自身は、こうした農耕文化を考える話が好きだ。

食育などが盛んだが、日本の食文化の由来をしっかり考え、なぜ、どのように、現在の食生活が伝播されてきたのかを考えることをちゃんとやってほしい。
スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。