ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞受賞者のメッセージをどう受け止めるか

ノーベル受賞者が「若者にもっと海外で頑張ってもらいたい」という趣旨の発言をされていた。
これは、海外に出かけ、広い視野を持ち、感性の違う仲間とともに切磋琢磨して自分の能力を高めて欲しいという意味だと思う。
実際に留学する学生が減ってきているという傾向を踏まえ、
数十年後には、知的競争力が低下してしまうのではないかという危機意識から出た言葉だと思う。

マスコミは、この点を取り上げ、海外に留学する学生が減ってきていることなどを報道し、「もっと若者に意欲を持ってもらいたい」というコメントを出していた。

私は、こうしたマスコミの対応にちょっと疑問を感じた。
この「海外に出て行け」というメッセージは、具体的に海外に行けという直接的な意味だけではなく、
むしろ、「広い視野をもち、切磋琢磨していって欲しい」という意味の方が強いのではないかと思う。

70代、80代の研究者にとって、若者とは、何も学生に限らず、30代、40代、50代も対象ではないか。
今一番社会の屋台骨を支えているという意味では、40代を中心とした世代へのメッセージと考えるべきではないか。

もちろん、40-50代で海外にチャレンジするという余裕はないかも知れないが、
広い視野をもち、自分を切磋琢磨するという意味では、いつでもできるし、
逆に一番頑張らないといけない世代だと思う。
そういう世代に対して、「もっとやればできるだろっ」というメッセージだと私は受け止めた。

私なりに頑張っていこうと思う。
スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。