ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業支援よりも大切なものがあるのでは?

本日(6/2)の日経新聞九州版に、「福岡の創業支援施設:後輩企業を支援。OB会設立」という記事が掲載されていた。
福岡市のインキュベーション施設を「卒業」した企業が、同施設に入居中の企業を支援するOB会を設立するという内容だった。自分たちの経験をもとに、創業まもない企業を支援していくというものであり、このような後輩企業を支援するような組織を設立するというのは、九州沖縄では初めての取組みらしい。
活動としては特に問題ないと思う。

私自身、創業時には顧客確保、銀行との取引など実際に何をすべきかわからないままに、苦労した経験があるので、そうした苦労を少しでも緩和できるのであれば、非常によいことだと思う。

が、創業する企業がある一方で、廃業している企業も多数存在している。
この「創業-廃業」の数が経済活性化の一つの目安になっており、
イノベーションが生まれる兆しがわかると言われている。
そういう意味で、行政が積極的に創業支援を行うことは、意義があるのだと思う。

が、創業支援を行う際に、
廃業する危険性があることをしっかり伝えているのだろうかと疑問に思うことがある。

私は、むしろ、会社(組織)に在籍して、その中でどのようにスキルを高めて行くのか。
会社にどのように貢献していけるのか・・・
そういうことをしっかりと教えて行く場の方が大切ではないかと思う。

今の創業支援策には、
「チャレンジ精神を発揮した意欲ある経営者」を生み出すのではなく、
「組織にとらわれず自分らしく生きる道があるぞ」という避難場所的な誘導策のように感じることがある。

「滅私奉公」で貢献しろとは言わないが、
組織の中で「活私奉公」で貢献できる人材を育成していくことが大切ではないか。


創業支援そのものを否定するつもりはないが、
「創業することが素晴らしい」という甘い言葉はいかがなものかと思う。







スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。