ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物多様性保全に向けた本格的な取組み開始の年にしよう

2009年12月のECO検定の問題にも取り上げられましたが、
地球環境問題に積極的に各国が協力し合う契機となった1992年地球サミットで採択された重要な条約が2つあります。
ひとつが「気候変動枠組み条約」であり、もうひとつが「生物多様性条約」です。

このうち、地球温暖化対策である「気候変動枠組み条約」は良く取り上げられていますが、
生物多様性対策は、関心が低く、認知度も低く、昨年の世論調査では61.5%が「聞いたこともない」と回答しています。

生物多様性とは、生物とその生育環境を守り、将来世代まで伝えて行くことを目指すものであり、生物から得られる様々な公益を活用しつつ、保護していくという持続的開発の基本的な考え方に基づく概念です。

今年10月には名古屋で第10回締結国会議が開催されます。
日本が議長国を務める今回の会議のなかで、次の目標を決定し、効果的な対策を議論することになります。
日本は、2009年3月にようやく経済団体が「生物多様性宣言」を発表し、8月に環境省がガイドラインを示したにすぎません。
この条約における規制等が厳しくなることで、生物資源の有効活用や土地活用の面からも、企業経営の面から多大な影響が出てくることは間違いないでしょうし、新たなビジネスチャンスも生まれてきます。
新聞でもようやくいろいろ取り上げられ始めており、今年は生物多様性をキーワードとして、環境経営に取り組むところが増えてくるのではないかと思います。

自分の身の回りで、生物多様性への取組みの一歩を考えてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。