ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災の観点からマネジメントシステムを考える

この度の震災は、日本全国に甚大な影響を与えるものとなりました。
震災に関して、みなさん様々なことをお考えになったと思いますが、私はISOコンサルタントの立場から、3つのことに気付きました。
今回は、それについてお話しします。


1.事業継続計画


震災後、自動車を初めとした多くの産業界で、サプライチェーンが止まってしまうという状況が発生しました。
これは、事業継続プランの不備が露呈した結果だと思います。


すでにほとんどの企業では、事業継続のプランを持っていると思います。
何か問題が発生したら、誰に任せるか、どのように設備を復旧させるのか、このようなリスク対応計画は備えているでしょう。


本来、事業継続計画の対象となる事態には、4つのパターンがあるとされています。
 1.サプライチェーンの供給の遮断
 2.地震
 3.テロ、戦争
 4.情報インフラ(サーバー)の遮断


2、3、4に関しては何らかの対策を考えていても、1についてはどうでしょうか。


今回の震災で自動車の部品製造会社が被害を受けたことから、自動車産業全体に大きな影響を与えました。
これは、自動車産業の部品供給の仕組みが「樽型」となっていたからだとされています。


自動車メーカーでは、同じ部品を複数の部品メーカーから調達し、リスク分散を図っていたつもりでしたが、自動車メーカーが把握していたのは、2次部品メーカー止まりでした。
3次以降の調達先をたどると、結局は一社に集中していたのです。


せっかく作っていた「事業継続計画」は、会社の目の届く範囲までしか含んでいませんでした。


直接企業と関わりのある顧客や供給先だけではなく、その先の先までマネジメントシステムの範囲として考ること、これは、ISOの「品質マネジメント8原則」「1.顧客重視」、「8.供給者との互恵関係」の中で提唱されています。


実際にすべてを管理することは難しくても、サプライチェーンを考えた「ビジネスインパクト分析」を行うことは大切なのではないでしょうか。


これを機に、自社がサプライチェーンの中でどこに位置しているのか、「立ち位置」を考えることが大切だと思います。


2.リスク管理


今なお解決していない原発問題。
事故後、担当者の口からは「想定外」という言葉が何度も飛び出しました。


これは、日本におけるシステム作りの「欠点」だと思います。
日本では、失敗0を目指すことから、「問題(不適合)は起きない」という前提で考えます。
不適合があったらどうするか、どのようなトラブルが起こりうるか、起こった場合はどのように対処するかといった、トラブルを前提として考えていません。


今回の事故でも、事故が起きることを前提とした対策をとっていたら、ロボット開発や、避難訓練等の対応ができていたかもしれません。


しかし、もし避難訓練などを行うと、「事故は起こる可能性があるのか」という話になり、「そういう危険なものは設置するな」という風潮になってしまいます。
こうして「神話」でしかない「安全」が生まれてしまうのです。


このため、「想定内のこと」「起こりうること」=「Incident」の範囲が狭くなり、「想定外のこと」「起きないこと」=「Accident」が大量に存在することになります。


「失敗は起こらない」「不適合は悪だ」とするのではなく、大事なのは不適合を見つけること、そしてそれにどのように対処するかを考えておくこと。
ISOシステムを構築、運用する際にもする際にも、肝に銘じておきたいことです。



3.省エネ、節電


エネルギー問題も、今後日本社会を変えていく大きな問題だと思います。
この夏は電力不足が確実になっていることから、「省エネ」「節電」の意識は否応なしに高まっているでしょう。


クールビズ対策や、なるべく電気を使わない、といった省エネ対策があちこちで提示されています。


しかし、企業として省エネを考えるとき、真っ先に考えるべきなのは「電気を消そう」ではなく、「そもそもその作業は必要か」という業務面です。
作業の仕組みを根底から見直すと、電気以上のムダが発見されるかもしれません。


環境対策を考える際も、紙、ゴミ、電気を削減するだけでなく、業務の中の「ムダ」をなくすことが省エネになります。


ISOは本来、単に「規格」に合わせたシステムをつくるのではなく、会社を取り巻く様々なトラブルに対処できるよう、会社全体のマネジメントシステムを構築するものです。


震災を機に、自社のISOが上記の問題にどのように対応しているか見直してもいいかもしれません。



----------------------------------------------------------------
あなたの会社の「原理原則」を確立するために─

■マネジメントシステムの原理原則-品質マネジメント8原則で経営力を高めよう-
  (著者:三村聡 発行:日科技連出版社  定価:2,940円)

書籍の詳細はこちらへ!
 >> http://www.aims.co.jp/hiketu/book_8principle.htm
--------------------------------------------------------------


◎ひとこと


まだ早いですが、「今年の漢字」を決めるなら、「力」だと思います。
地震で見せつけられた「地」の力。
津波で知らされた「水」の力。
そして、日本中の人の心が「復興」という目的で動いている「人」の力。

私の持っている小さな力も、復興に役立てていきたいと思っています。


※本ブログの内容は、メルマガ「マネジメントシステムを活用しよう」より転載しました。

スポンサーサイト

日本酒造りから学ぶ一言

日本酒づくりは科学なんです。
想いだけで造られるわけじゃないんです。
作り手の試行錯誤の成果なんです。
………………
日本酒の会で知り合った杜氏さんが力を込めて説明してくれました。
当たり前の話ですが、
「願えばかなうのではなく、願って努力するから実現する」
ってことに気づかされ

【今日の一言】自主、民主、連帯ってむずかしいですね。

<今日の一言>
仲間がいなくても、自分だけでやっていけると思うものは間違っている。
そして、仲間がいなければ、自分だけではやっていけないと思うものも間違っている。
また、自分がいなければ、仲間がやっていけないと思うものは、さらに誤っている。

+++++++++++++++++++
人の力というのは、あわせて初めて効果が出てくるものだと思います。
まずは、一人一人がしっかり自立することが前提となります。
ここで、自立することなく、
 ・自分が助けてもらえることが当たり前だ。
 ・自分を理解してくれない周囲がだめなんだ
 ・自分が何やっても意味がない
と、自分以外のせいだけにしては意味がないです。

まず、人の成長には
「依存状態から自立状態へ脱皮していくこと」
が不可欠だと思います。

難しいのは、自立すること=自分の意見を通すこと、自分が中心になること
・・ と思われがちなことだと思います。

そこで、「自分がいなければ」という思いがチーム全体の効用につながっていないことを理解する必要がでてきます。
そして、互いの力をうまく活用することで、より高いレベルを実現していくことが可能になります。

いわゆる
「自立型から相互依存状態への移行」
が必要になります。
口でいうのは、簡単なのですが、ここがなかなかうまくいきません。
当社でも、協力会社の片と相互依存状態を作る形にしたいのですが、
どうしても、「ウチに、ウチに・・・」という形になり、 バランスが崩れてしまいます。
同友会でいう、「自主、民主、連帯」。

最後の連帯がうまく実現できていないところを、 なんとか改善していきたいです。

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。