ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基準値とは

茨城産ホウレンソウ、福島産原乳から基準値を超える放射能が検出されたというニュースが流れた。
風評被害を恐れる機運があるが、まずこの基準値をしっかり考えてみたい。

まず、そもそも放射能に関する基準はもともと定められていなかった。
今回の原発災害を受けて、基準がなければ無用な混乱を招くという判断から17日に暫定的に決定されたものであり、正式には食品安全委員会に諮問されて初めて決定されることになる。

ただ、一般的に「基準値」というと、安全基準と勘違いされがちである。
そのため、基準値を超えたということで、非常にパニックになっている。

しかし、ここでいう「基準値」という言葉に誤解が発生している。

食品安全マネジメントシステムでは、「基準」という意味が二つ存在している。
「許容水準」「許容限界」である。

許容水準とは、簡単に言えば、「商品化できない水準」であり、この基準を逸脱すると商品として流通させることはできない。
許容限界とは、許容水準を遵守するために、製造現場において、より厳しく管理している基準である。従って、許容限界をオーバーしても、許容水準を超えていなければ商品としては安全なものとして流通させることができる。

今回は、原発災害を受けて、急遽、現場管理の目安として暫定的に定められたものであり、考え方としては「許容限界」に近いものである。
「許容限界」という言葉のニュアンスから、この基準を超えると「限界を超えた」=「安全でない」とイメージしがちであり、これらの誤解が風評被害を大きくしているように思う。

暫定基準を超えたとしても、食品安全上は問題ない。
このことをしっかり伝えていくことが不可欠だと思う。



スポンサーサイト

起きたことより次の一手を考えて行きたい

静岡県富士市にきていますが、当初予定されていた計画停電がなくなったのでホッとしています。
しかし、停電に振り回される現場の姿を見せられ、改めて自分にできることは何かと考えるきっかけになりました。

誰かを攻めて行くことを「使命」と勘違いしているマスコミの情報は信用せず、
自分で考えたこと、自分が体験したことを元に、できることからしっかりやっていこうと思います。

昔、チーズはどこにいった。という本がベストセラーになりました。

チーズがなくなった時、
どこに行った、誰が持って行ったと犯人探しを一生懸命する人と、
これからどうしていこうかと次の一手を考えようとする人
に分かれるという内容だったと思います。
主題は他にもありましたが、私が印象的に覚えているのは上記の内容です。

まさしく今のマスコミの状況ではないかと思います。

自分に置き換えて、
原因を探すという過去思考ではなく、
これからどうしようかという未来思考になれているかどうかをしっかりと考えて行きたいと思います。

明日以降、通常モードで全力で頑張ります。

震災が発生して10日がすきました。
先週は、正直、被災地のことが気になって、十分な仕事ができない状況でした。
未だに連絡が取れないクライアントもいます。
非常に心配です。

が、全員が沈滞ムードになっては行けないと思い、
連休明けには通常の業務に戻そうと思います。

もちろん、被災状況は気になりますが、
自分たちの役割で元気を広げていくことだと思います。
自分の仕事を通じて、笑顔を広げていけるようになれればと思います。

自分の好きな言葉に、

「楽しいときには笑顔が育ち、
 苦しいときには心が育つ。」

というのがあります。

被災地の方にとって、今は、とても苦しい時だと思います。
簡単に口にいうのもおこがましいと思います。

でも、やがて笑顔が育つ時期が必ず来ると思います。

被災しなかった自分たちの役割は、笑顔が育つ場を早く与えられるように頑張って行くことだと思います。
私は自分の仕事に誇りを持っています。
被災地の現場で、己の誇りにかけて頑張っている多くの方に負けないように
明日以降、仕事に全力で頑張りたいと思います。

逆境にあるときこそ、自分の役割を真摯に取り組もうと思います。

現在m宮崎県都城市にいます。

新燃岳は、今日はまだ噴火していません。
しかし、一週間周期で噴火しているようで、今日明日にまた噴火するかもしれないということでした。


約一年間、都城を中心に、宮崎県各地で養豚農場から解体、加工、配送、レストランでの食事提供まで営業所を含め、 全事業でISO22000を取得するという企業に対するコンサルを実施してきました。

途中、口蹄疫や鳥インフル、新燃岳噴火など、様々な困難がある中で、
本当に現場の方に頑張っていただき、なんとか審査も予定の範囲で終了しました。

昨日はささやかですがスタッフの方と慰労会をしました。

これからも新燃岳等の状況が落ち着かないので、
降灰対策で大変ということですが、
頑張って行きたいと張り切っておられました。

そのほか、地域の方と何人かお話をしましたが、
皆さん、逆境に負けず、前向きに考えておられました。

「東北関東が大変な状況になっている以上、
 灰ごときに負けていられない。
 東北の人たちのためにも自分たちが九州が頑張っていかない」
という強い想いを受け取りました。

募金やボランティアも当然大切です。
弊社でも日本赤十字を通じて募金を行いました。
しかし、一番大切なことは、
自分の仕事を通じて、日本を元気にしていくことが大切だと改めて思いました。

被災に遭わなかった自分に出来ること。
それは自分の本来の役割を一生懸命に取り組むことだと思います。

自分の役割を通じて、関係してくれている方が元気になれば、
その元気は必ず被災地にまで届くものと思います。

地震の衝撃を受け、やや集中力が欠けた一週間になっていましたが、
連休明け以降、自分の役割として、真摯に仕事に打ち込んで行こうと思います。

みんなで協力して行きましょう

先週の東北関東大地震で多大な被害が出ました。
私自身はこの日に限り、福岡で仕事をしており、特に問題はありませんでした。
今回の被災地域によく出かけていることを知っている方から、多くの問い合わせをいただきました。
私に気を遣っていただき本当に感謝しています。

ただ、私自身は無事でしたクライアントの方が大きな被害を受けています。

今後、業務を通じてだけでなく、様々な局面でできることをしていければと考えています。

本日はこれから九州新幹線で鹿児島に移動しています。
夕方鹿児島から羽田入りをする予定でず。
ただし、計画停電で交通網に影響が出ているみたいで、中部空港経由など予定を変更せざるを得ないかもしれない。
今回は本当に未曾有の危機であり、被災しなかった自分たちにもできることは全てやっていかないといけないと思う。
多少の不便は我慢しつつ、情報に気をつけてしっかりと対応して行きたい。

中小企業家同友会 全国研究集会に参加しました。

岡山で開催された「第41回 中小企業問題全国研究集会in岡山」に参加しました。


私は第6分科会に参加しました。
テーマは
「変わっていますか未来に向けて~製造業もサービス業
  ビジョンと社員の夢が実現する全社一丸の企業づくり」



広島県同友会所属の株式会社オーザックの岡崎隆社長の報告を受け、グループ討論を進めた。
岡崎社長の報告論旨は次の通りだった。
(個人的なまとめ方が入っています)

++++++++++++++++++++


ある日、社員の平均年齢を計算したら54歳だった。
このままではこの先5年前後で会社が立ちゆかなくなる。
もともと3kの厳しい現場であり、これまで新卒採用は行っていなかった。
一念発起して、新卒採用ができるように新工場を建設した。


ちょうどバブル経済のはじまりと合致し、経営は順調に推移した。
しかし、あっけなくバブル経済が崩壊し、資金繰りに悩むようになる。
この頃、口に出したわけではないが、
社員のことを「借金を返す道具」と考え、いかに効率を上げるか、コストを下げるかだけを追い求めた。
同友会で学んだことは、とりあえず何度もやった。
しかし、方法論だけをまねても核となるものがなければ結局うまくいかず、なかなか思うようにいかなかった。


やがて資金繰りに落ち着きが見え始めた頃、社員から「将来が見えない」という発言がでてきた。
最初、「毎年経営理念等を作って周知してきているではないか」と思ったが、
自分の思いだけで、しっかりと社員に伝わっていないことを実感した。


そこで、中期事業発展計画書を作成し、運用していくことにした。
中期事業発展計画書では、次のことを同時に進めることにした。
 経営指針→5年後のあるべき姿、その数的根拠
 共同求人→5年後のあるべき姿を実現するための採用計画
 社員教育→5年後の自分の姿(社員自身の成長計画)



この「三位一体の企業活動」に行き着いたことで、
 ○年度には新しいスタッフが来るから、それまでに教えられるようになろうとか、
 来年にはA設備を任せられるようになるから、今から勉強しておこうなど
社員自らが自分で考え、行動する気風が生まれ始めた。
このことで、ようやく経営が順調に推移するようになった。


社員が自ら考え、行動するようになったことで、
逆に、これまで、いかに社員の能力を活かしてこなかったのかと反省した。
このことが、「借金を返してくれる存在」から「かけがえのない家族同然」という視点に落ち着くことができた。


社員の期待に応える企業を目指すべきだと考えている。
社員にプラスになることは一時的に会社のマイナスになる場合がある。
しかし、社員にプラスになると言うことは、それだけ会社に貢献しようという気持ちを引き出すことになり、
結果として会社にプラスに働く。
顧客満足を実現するためには、顧客の要望に対応できる社員集団でなければならない。
そのためには社員満足の高い会社でなければ顧客の要望に高い水準で答えることができない。


++++++++++++++++++++


今回のこの報告のなかで、2つ大きく学べた。
一つは、自分の問題等に気づく感性の大切さ
 ・平均年齢を知ったとき
 ・社員の一言
 ・活動結果からの社員の変化
というそれぞれの出来事から、このままではダメだ、自分のやり方等を見直すという
転換ができているところが素晴らしいと思った。


もう一つは、手法論ではなく、本質を実感する大切さ
報告の中で、「同友会で学んだことはすべてやった。でもダメだった。
形だけまねても本質を理解できなければダメだということを理解した」というのが印象的だった。
私自身、手法的には事業発展計画書をまねようと思うが、形ではなく、この計画書を作成するに至った経緯をしっかり把握し、自社に適用しなければ行けないと思う。


私自身、多くの会社でISOのマニュアル案を作成している。
どれも似たような文言になってしまうが、同じ文言でもその言葉に至った経緯が異なる。
このマニュアルに至る経緯を伝える大切さを実感した。


非常に有意義な報告であった。


残念なのが、報告と異なり、グループ討論が盛り上がらなかったこと。
スタッフの目線あわせの難しさを学ぶことができたと思うようにしよう。




ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。