ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集客チラシづくりの参加しています

集客チラシづくりセミナーに参加しています。10時から17時までみっちりです。
普段は講師として一日セミナーとかをやっていますが、受講する立場になると大変ですね。日曜日だし…………。
それはさておきチラシづくりは、たかがチラシ、されどチラシという感じです。
自分達のコンセプトをいかに表現するかが難しいかを実感しています。
これまで大切と思いつつ、他人任せにしてきた分、いろいろ学ぶ事があって新鮮です。
午後は実践という事なのでもっと学べたらと思います。

仕事はいろいろ大変なので、受講するのをやめて、仕事をしようとも思いましたが、来てよかったですね。
どんなに自分が忙しくても、学ぼうという意欲がある限り、まだまだ大丈夫だと思うし、新しい事を知る事で次のステップに移れるような気がします。
スポンサーサイト

飛行機に乗るときは窓際に

出張に出かけるときにできるだけ気分転換できるようにと、いろいろ考える。
仕事のことばかりだと、やはりどこかミスをしてしまう。
今週もそんなミスが相次いだ。
なるべく早くフォローしているつもりなので、それほど大きな問題にはならなかったが、気をつけたいと思った。
それで、どうしてこんなミスをするかな……と考えたときに思いついたのが、飛行機の座席。

自分はできるだけ飛行機に乗るときは窓際に座るようにしている。
富士山や東北の雪山、雲の上から除く夕陽や朝日。
海岸線など、小さな日本だが美しい景観はいろいろある。
それをデジカメで撮影するのが、小さな趣味の一つだ。

が、ここ数ヶ月。
直前に日程が決まったりしたこともあり、
すべて真ん中の席となっており、
写真はおろか、外の景色も見ていない。

そして、そのことに気づかなかった。

それだけ余裕がなくなっていたら、ケアレスミスもしてしまう。
仕事では、ケアレスミス防止を話しているのに、自分がしていたら仕方ない。
来週以降、仕事量が減る訳ではないが、気分だけは以前のように余裕が持てるように工夫しようと思う。

コンビニのビールから考える

出張先に行くと、「この街は若者が多いんだ」とか、「結構余裕がいる人たちが住んでいる地域なんだ」というのにふと気づくことがある。

以前は、「書店」だった。
専門誌や文庫本の種類によって、どういう嗜好をもった人が多く利用するのかがわかった。
細菌、ネットで本を購入することが多くなったので、あまり本屋に寄らなくなったため、本屋で地域を感じる機会はあまりなくなった。

代わりに実感するのがコンビニの商品陳列だ。
特にビールコーナーで感じる。

 ・全体の発泡酒の割合がどれくらいなのか
 ・ヱビスビールなどいわゆるプレミアムビールがおいてあるか
 ・種類が充実しているか

ほぼ9割発泡酒しかおいていない所もあった。
本日、大阪で宿泊中だが、駅からホテルまで、非常に若者が出歩いて、
ある意味活気があるというか、騒々しいまちだった。
しかし、ホテルに隣接したコンビニでは、500ml缶は発泡酒しかなく、ビールは350mlが4種類あっただけだった。
アルコールを飲むときは、小さな贅沢を味わう意味で、
基本的にいつもヱビスビールを飲むので、
ちょっと寂しかった。

もちろん、人によって嗜好が違うから、どっちが良いとか悪いとかという問題ではない。
お店側としては、一番売れる商品を準備するのは当然であり、
たまたま若者が多く、低価格路線がヒットしていると言うことだと思う。

頭では理解できているのだが、何となくあまりにも消費者にこびているような気がして、納得できないところがあった。

食品表示検定を通じて、己の甘さを知った。

日曜日に食品表示検定を受けた。
仕事に直結する訳ではないが、食品衛生関係の仕事をしている立場上、知識は持っておく必要があると思ってチャレンジした。

正直見通しが甘かった。

テキストを出張先に持って行って、移動中に読むぐらいの事はしていた。
普段、ある程度仕事で関わっているので、ある程度はできるだろうと思い、
そこまで真剣にやっていなかった。

90分で100問であり、一問一問が結構捻ってあったため、
全問を解くまで結構ぎりぎりまでかかった。

テストが終わったあと、かなり反省モードに入った。
何事にも手を抜かず、しっかりと準備をすべきだったと…………。

検定は一年に一回。
来年はしっかり準備をして絶対合格しようと思った。

明日は食品表示検定。どうしようかな

島原での仕事が終って、福岡に戻るところ。今週は牛、豚、鳥をすべて制覇した。農場や加工場を見て回ったので、ちょっと疲れた。電波が悪いところが多く、連絡に苦労した。
明日は食品表示検定だが、ほとんど準備ができていない。
どうしようかな。
検定だから特別になにか問題がある訳ではないが、仕事柄、不合格になると格好悪い。
が、その可能性が高くなっている。
予想問題をみたが半分しかできなかった。

明日は午後からなので午前中にテキストをみて思い出すようにしよう。

とりあえず今はゆっくり休みたい。

自分への投資

今日は、自分が主催しているISOの勉強会の開催日。
毎年、2月から11月の年10回開催している。
(1月は新年会、12月は忘年会)

以前は、自宅兼事務所で仕事をしていたが、レンタルオフィスを借りるようになって、5年が経過している。

もともと、無理をして、レンタルオフィスを借りるようにしたのは、
コンサルタント仲間等を集めて、ISOマネジメントシステムのスキルアップの場を設けたいと思ったからだ。

勉強会そのものの形式は、年とともに少しずつ変化している。
最初は、各コンサルタントが自分が実施したコンサルティングの成果を報告しあい、工夫した点、苦労した点等を確認し合い、それぞれ自分たちのスキルに吸収していこうというものだ。

参加者が固定されてくると、報告内容がマンネリ化し始めた。
そこで、コミュニケーションスキルなどプレゼンの仕方等を共有するようになった。

が、これがちょっと失敗したかな?
コンサルティングを奨めていく中で、コミュニケーションの必要性は十分理解できているけど、それを伝える工夫をしない方が結構多い。
無理に勉強の機会を設けて意味がないかなと思ったので、今年は少し変えた。

年間のテーマを決めて、規格の勉強をしっかりやることにして、
今年はISO9004と50001の2つの読み合わせをそれぞれ実施するようにした。
9004の勉強の一環として「もしドラ」も読んだりした。

まぁ、それなりに良かったと思うが、ちょっと物足りないように感じた。

一応、今日は今年最後の勉強会。
今年一年間の反省とあわせ、来年以降の勉強会の進め方をしっかり考えたいと思う。

正しい知識を持ちたいと心から思いました。

本日、出張先で泊まることになったので、飲みに出かけた。

せっかくだから、地元のおいしいお酒が飲みたいので、カウンターしかない小さなお店に入った。
地元の日本酒を飲みながら、名産のタコをたべてた。
大将がそれなりに気を遣う方だったので、それなりに楽しむことができたのだが、ちょっと残念なことがあった。

常連らしいお客さんの会話があまりにも低レベルだった。
どの女の子と一緒に食事に行っただの、
海外にどれだけ行っただの、
そんな話を周りに筒抜けになるような大声で話をしていた。

まぁ、お酒が入っているから、多少いつもよりも大げさになるのは許しても良い。
が、節度は保ってほしいと思った。

で、極めつけがドバイに行ったという話。

客1:「俺はドバイに行ったけど、すごい街だったよ」
客2:「どんなにすごかったんですか」
客1:「あの国は石油がでるからどんだけも贅沢できるだよ」
  (注:ドバイは石油がでません)
客2:「どんな贅沢したんですか」
客1:「とにかく凄いんだよ・・・・」
  (注:何が言いたいのかわかりませんでした。せめて世界一高いビルとか何か言ってくれたら良かったのですか)
客2:「・・・・・・・」

お店:「そういえば、アラビア語って右から左に書くんですよ」
客2:「そうみたいですね」
客1:「嘘付け。俺は行ったけど、そんなことはなかったぞ」
  (注:本当です)
客1:「仮にそうだとしても、手が汚れるじゃないか」
客2:「まぁ、インクとかが悪かったから汚れるでしょうね」
客1:「字を書いて、どんどん汚れるって、あいつら馬鹿じゃないか」
客2:「・・・・・・」
客1:「そんなことをしているのってアラビアだけじゃないか」
  (注:日本語も本来縦書きなので、右から左に書きます)
客2・お店:「・・・・・・・」

いや、横で聞いていて我慢できなくなりました。
60代ぐらいの男性二人組。

まだ、早い時間だったのですが、もう一緒にいたくないと思い、早めにお店を出ました。
お店の人が、「騒がしくすいません」と最後に言ってくれたが、
そう思うなら静かにするように注意しろ・・・・・。

そもそも静かに飲もうよ。
料理やお酒はおいしかったので、非常に残念な気分になりました。

日本の政治状況を考える

今の日本の政治状況を考えると、非常に危機的な気分になる。
別に、現政府が良い悪いではなく、マスコミをはじめとする周りの無責任な対応にである。
情報漏洩等やTPPに関する議論のあり方を見ていると、特にそう思う。

「英雄がいない時代は不幸だ。
 しかし、英雄が必要とされる時代はさらに不幸だ」

今、マスコミは首相に対して、リーダーシップがどうのこうのと攻撃的になっているし、代議士の人たちもみんな同様の口調になっている。
しかし、リーダーシップが必要というのは、結局、自分で責任がとりたくないから、誰かの責任にしたいというだけで、押しつけているだけではないか?

私は、個人の自立があって、国の自立がありうると思っている。
個人の責任ある行動があった上で、意見を言い合い、互いに高めあっていく中で、全体の向上につながると思う。
簡単にいえば、「自主、民主、連帯」だと思う。

しかし、今は、「言いたいことだけを言う。権利と称して責任をとろうとしない。」
そんな誤った行動が多くないだろうか?

今回の情報漏洩の問題であれば、それ以前のテロ捜査情報が漏れたこととあわせ、総合的に管理対策を強化していくべき話だと思う。
ましてや、あの領海の話をするのであれば、これまで全く国の問題として取り上げず、現場任せにしていた歴代の政権の問題であり、今の政権の問題ではないはずだ。

どうして、こんなに感情的になるのだろうか。
どうして、もっと自分で考えないのだろうか。

衝突事件そのものよりも、それに対するマスコミ等の対応の方が危惧される。
もちろん、現政権の対応にも大きな疑問を感じる。
しかし、それ以上に大きな問題があるように思う。

一人一人がしっかりと考えていく必要があると思う。

不適合を不適合と認める姿勢が必要

ISOマネジメントシステムのコンサルティングをしていると、
「ISOのためだけの記録は残したくない」という意見を聞く。

意見そのものは非常にもっともなことであり、「効果的な運用の証拠」として作成しようと意識されたものでなければ、記録を残す必要はない。
したがって、私自身、「ISOのためだけの記録を残す」ことに異議を唱えること自体に異論はない。

しかし、「記録を残したくない」という意見が、単なる「記録を残すのはめんどくさい」という意志に由来することが多く、会社の改善活動に大きな壁になっていることが多い。

なかでも、不適合の記録などがその典型になっているような気がする。
「現場は忙しいから、記録を残す暇なんかない」という意見を聞く。
また、「これは製品の特性上発生するものであり、不適合ではなく不具合であり、その場で手直しすれば問題なく、記録に残す必要はない」という解釈をしているケースがある。
この場合、品質に大きな影響を与えるものだけを不適合としていることが多い。

しかし、この議論自体が間違っていると思う。

不具合の発生要因をしっかり考えると、意外と許容できる範囲以上のものが不具合として発生しているケースなどがある。
それなのに、「仕方ない」として改善の機会をつぶしていることが多い。

不適合は不適合として認め、それを改善していく姿勢が不可欠だと思う。

日本企業は、「不適合がある」こと自体を認めない傾向が多い。
いわゆる失敗ゼロを目指す傾向がある。
この意識を改革しないと改善にはつながらない。
失敗ゼロではなく、成功100%をめざし、もっと良い方法はないかどうかをしっかり考えていくことが本来の姿である。
100%を目指すためには、小さな不具合の状態を把握して、発生の可能性をつぶしていくことが不可欠である。
このように考えたら、記録の残す残さないという話にはならないと思う。

こういう話をISOの立場でしている人が少ないのかな?
少し残念に思うときがある。

意外と日本シリーズが面白い。

正直、玄人好み過ぎる対戦カードだったので、地味な試合になるかなと思った。点差が広がる大雑把な試合もあったが、昨日、今日の試合はとても面白い。

手に汗握るというよりも、
エラー等でピンチを招きながら、しのぎきるという別の意味でハラハラドキドキする展開だ。
別にどっちを応援しているわけではない。

私自身は、広島カープファンであるが、純粋に野球ファンとして面白いと思う。

中日も、ロッテも新戦力がうまく機能している。
やはり強いチームは、新陳代謝がうまくいくのだろう。
育成選手から這い上がった選手がちゃんと活躍している。

広島カープも選手を育成するのは上手いが、チームとして機能する形になっていない。
振り返って、自分の周りを見ると、
やはり上手く人を育てているとは思えない。

テレビ中継をみながら、人を育成する難しさを改めて感じてしまった。

リレーマラソン無事完走

昨日、海の中道で開催された「リレーマラソン」に参加し、無事制限時間内に完走できた。

1周2kmを21周走るのだが、10人でチームを結成。
基本9人が2周を走り、1人が3周走る形になる。

司法書士や税理士などサムライ族のメンバーで参加した。

結果、
3時間31分28秒
まずまずの成果だったと思う。

目標タイムは、
3時間33分33秒であり、目標タイムを上回ることができて、みんな満足していた。

レース後は、みんなで打ち上げ。
焼き肉屋でとことん飲み明かした。
疲れもあって、みんなハイテンションになっており、一人7000円以上かかってしまったが、それだけの価値ある一日だったと思う。

が、しかし、
やはり翌日ちょっと影響が残ってしまった。

今日は、福岡-広島ー東京という移動パターン。
体ががたついて、とてもつらかった。

来年以降は、翌日に出張を入れないように気をつけようと思った。
PB030075.jpg

明日はリレーマラソン

明日はいよいよリレーマラソン本番です。
結局何も練習せずに本番を迎えてしまいました。
まぁ、1周2kmを2回走るだけなので、何とかなると思います。
別にタイムを競う訳でもないので・・・・・。

一応、新しいウェアを購入。
スポーツウェアを買うと、自分のメタボ体型がはっきりでて
ちょっとショックでした。

タスキもチーム名「サムライレッド」に合わせて赤を準備。
仲間が、ビール風味のノンアルコールドリンクを大量に購入してくれたそうです。
(ビールを飲むととても走れないので・・・・)

仕事がいろいろ詰まっていて、大変と言えば大変なのですが、
楽しむときはしっかり楽しもうと思います。

とりあえず、景気付けに「賀茂泉」を飲みながら、ゆっくり力を蓄えています。
(本末転倒のような気もするが・・・・)

天気も良いようなので頑張ります。

ナイター中継なくたっていいじゃないか

週末から日本シリーズが始まっている。
が、地上波の放送がないので、何となく実感できないでいた。

が、よく考えたら、これって当たり前のことじゃないかと思う。

Jリーグもほとんど地上波中継はないし、ラグビーやバスケなどもそうだ。
チャンネルが多様化した今、見たい人が見るような方式で十分ではないかと思う。

むしろ、バレーボールとか無理矢理テレビ中継して、アイドルとかを出して、盛り上げようとしてつまんなくなるより、よっぽどましだと思う。

逆に、本当に好きな人たちにとって、テレビ中継されない代わりに、球場に足を運ぶ人が増えたら良いんじゃないかと思う。

人気が失速したというより、通常の状態に戻っただけであり、
改めてファンサービスとは・・・をしっかり考えたら良いと思う。

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。