ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日ジョキングウェアを買いに行きます。

今日は午前中はゆっくりと家の用事を済ませ、
午後からジョキングウェアを買いに行きます。

11月3日に開催される「海の中道リレーマラソン」に参加する。
こうした大会に参加するとき、これまで適当にジャージ等で走っていた。
が、今回、リレーマラソンに参加する人たちが妙に気合いが入っており、シューズを新調したり、ウェアを新調したりと結構、形から入っている。

本当は、前から欲しかったこともあり、これを機会にウェアを新調することにした。
スポーツ店の会員カードを見てみると、2年前の同じ時期にシューズを買い直して以来、一度もその店に行っていなかった。

最近、ウェアもかなり格好良いのが流行っているようなので、
自分に似合ったのが見つかれば良いのですが・・・・。
スポンサーサイト

台風でてんやわんや

本日、コンサルティングが終わったあと、飛行機で福岡に戻る予定だったのだが、あいにく台風が接近してきていたので、結局新幹線で帰ることにした。

今年は沖縄で仕事をしている最中に台風の影響を受けたことがあったが、
本州で仕事をしているときに、台風の影響を受けたのが初めてだった。

というより、本州付近に来る台風って、今年はこれが最初じゃないかな?
季節外れの台風ということもあるし、接近する台風の数といい、
やはり地球の気候が変化しつつあるんだろうなと思ってしまう。

出張中に限ってどうして連絡が入るのだろう

基本的にお客さんのところに出向いて、コンサルティングをしたり、セミナーを開催することが多いので、会社にはほとんどおらず、出張していることが多い。
例えば、東京などのセミナーで、はじめてお会いして名刺を交換する際に、「福岡からお越しになったんですか」と言われるが、実際は名古屋だったら、大阪だったり、仙台だったりする。

こんな風に出張している間は、基本的にメールで連絡を済ませることがほとんどであり、夜にホテル等で事務処理や資料作成等を行っている。
が、やはり資料等をみながら、落ち着いて作業をしたいと思うので、月数回は事務所作業日として、出張しないで書類整理を行うようにしている。

ここで、不思議なのだが、自分が事務所作業日としたときには、ほとんどメールや電話の問い合わせが入らない
おかげで作業は進むので助かるのだが、出張中に続けて何度も問い合わせ等が入ってくると、「なんで昨日連絡してくれなかったのだろう」と思うことがある。

実は、一昨日がそうだった。
事務所にいたわけではないが、福岡で仕事をしており、ある程度自由度が聞く状態だったのに、問い合わせが全くなかった。
が、昨日は朝から移動。コンサルティングが終了後、再び移動。夜22時頃にホテルに入るというスケジュールだったのだが、移動中に7件も電話が入り、メールで11件問い合わせが入っていた。
ホテルに着いたのが遅いので、本日の仕事が始まる前に、いろいろ対応する予定だが、思わずどうしてだろう・・・・と思ってしまう。

不思議な法則があるのだろうな~~

中小企業経営者フォーラムに参加

福岡県中小企業家同友会が主催する「中小企業経営者フォーラム」に参加してきました。
というか、参加といえば参加ですが、分科会の座長を務めてきました。

入念に準備をしっかりした上で開催されるのが常ですが、
急遽代理で座長を引き継いだこともあり、直接会って打ち合わせをしたのは僅か3回という状態でした。

それでも、話の内容やテーマにブレがないように、気をつけて対応はできたと思います。
とりあえず、最後に座長まとめをして、無事終了した段階で、本気でホッとしました。
一つのイベントをしっかりまとめていくという意味で、短いフォーラムの時間のなかで、効率よくテーマに沿ってグループ討論していくための切り口の整理など、普段は、結構勢いのまま、ごまかしつつ実施している内容について、どう伝えていくかということを学び直すきっかけとなり、非常に勉強になりました。

本日大失敗をした。

週末に、資料を仕上げてクライアントに報告というステップをとったのだが、
ここで大失敗をしていた。
クライアントから、週末は会社のメールアドレスを使えないから、個人用アドレスに連絡して欲しいという連絡を受けていた。
こちらは個人用アドレスと会社アドレスの両方に送ったつもりだったのだが、
個人用のアドレスを入力ミスをしていたらしく、エラーになっていたようで、届いていなかったようだ。

本日、「なぜ会社に送ったのですか?お願いしていたでしょう」というお怒りの電話が入り、初めて気づいた。

一応、趣旨を説明し、資料を明日までに修正することで了解してもらったが、後味の悪い結果になった。

自分が忙しいとき、こういうケアレスミスをすることがある。
コンサルティングをしているときには、「ミスが発生する要因をつぶすこと」と行っているのに、自分がそういう状態になってしまい、ちょっと落ち込んだ。

失敗というか、不祥事をするときに注意することとして、「はひふへほ」とよく言っている。
 は・・・はじめて
 ひ・・・ひさしぶり
 ふ・・・不平・不満
 へ・・・変化
 ほ・・・ほめない

今回は、はじめての作業で失敗をした。
いつも、仕事の際には、他の人に気をつけるようにといっているのに・・・・

明日から気を引き締めて、もう一度頑張ろう!!!

久しぶりの休日の満喫

今日は日曜日。
久しぶりに仕事の予定が何も入っていない。
・・・・とはいえ、明日の仕事のために最終便で東京に移動しなければいけない。仕事の予定がないと言えばないのだが・・・・・。

本日の予定
 10:30-13:00 乗馬スクール
 14:30-16:00 赤ちゃん相撲見学(甥っ子0歳10ヶ月が参加予定)
 17:00-19:30 リレーマラソン決起大会(いわゆる飲み会)
 20:30-     飛行機で移動

この話を他の人にしたら、
「いつも忙しいのに、なんで休日までそんなに詰め込むの?」と不思議がられました。

いや、忙しいからこそ、やりたいことをいろいろ調整していたら、こうなったんだけど・・・・・。
結構、楽しんで生活できているので、周りの人がいうほど大変ではないのですが、やはりちょっと変わったように思われるようですね。

まぁ、自分が楽しければそれでいいのですが・・・

いつになったら盛り上がるんだろう

現在福岡から広島へ移動中。マツダスタジアムを横に見ています。
昨日でかけた名古屋ではドラゴンズの話題でいろいろ盛り上がっていました。
そりゃ、この制度ができていから、巨人と中日は毎年参加している。
というより、毎年この2チームで争うんだったら、他のチームはいらないだろう。………という自虐ネタを考えてしまいます。
自分が応援しているカープは、いつになったらクライマックスシリーズに参加できるのだろうか。
毎年夏場頃まで夢を見せてくれるのだが、あまりにも上位との戦力差が大きい。
不利を有利に変革して行くのがマネジメントの醍醐味かもしれないが、
難しいだろうなと思う。

もう一度ドラッガーを読み直そうかな

ホームページの活用状況から考える

仕事柄いろいろな会社に訪問することになるので、まずホームページをみて、どんな会社なのかイメージをつかむようにしている。 
もちろん、ホームページには良い情報しか載っていないことが多いので、その情報を鵜呑みにすることはできない。 
しかし、いくつかのチェックポイントの中で、少なくとも情報発信という観点から企業の姿勢を見る事はできる。 
その中でホームページの更新情報を確認する。 
会社によっては作成されたままの状態で、全く更新されていないものがある。 
こういう会社の場合、ホームページうんぬんではなく、 
会社の姿勢そのものに疑問を感じる様なところが多いのが事実だ。 
いわゆる何のために作ったのかがわからない。 

会社を個人に置き換えるとわかると思う。 
自己PRしないで人とつきあえるだろうか。 

すると、 
「更新することなんてないし、誰も見にこないから」と言われることが多い。 

だったら何のために作ったんですか? 
大抵 
無料だったから 
トップページぐらいはあっても良いとおもった 
という回答がある。 

最近ホームページが更新されていない会社が増えている。 
ホームページ更新どころではないということかもしれない。 

しかし、こういう時こそ、情報のあり方、仕事の姿勢を見直す機会ではないか。

レトロな切符

先日、島原鉄道に乗った。
諫早駅から乗車したのだが、JR駅に接続されており、一応駅員さん(?)がいる形になっているが、切符売り場はなかった。

基本はワンマンカーであり、運転手さんの横の運賃箱にお金を入れます。
ようはバスなんかと同じ仕組みですね。
JRでも地方に行くと、ワンマンカーがあるので、それほど違和感はない。

ただ、複数車両の場合は、ちゃんと車掌さんが乗っている。
そして、車掌さんが回ってきて、乗車券の販売をしてくれる。
それが写真です。

なんか、パンチで穴を開けるという切符がまだあるんだと非常に嬉しくなった。
支払いが終わったので、この切符は乗車証明書かなにかのものであり、そのままもって帰ると思っていたら、降りるときに回収されてしまった。
少し残念。
PA180001.jpg

列車に乗るときに気をつけよう

本日、京急の羽田空港駅で列車に乗り込もうとした際に、
前にいた女性がドアのところに足を引っ掛けて転びそうになったらしい。

私は車内の空き状況を見ていたが、
「あっ」という声で前を見ると
女性の履いていたヒールが脱げて、
ホームと列車の間、いわゆる線路にスポッと落ちてしまった。

当然女性はパニック。
ドアの回りでオロオロ。
周りの人も、
「駅員さんを呼ばなきゃ」というだけで同じくオロオロするだけ。

ちょうど後ろにいたこともあり、
何となく罪悪感を感じて私が駅員さんを呼びにいった。

駅員さんに「女性が靴を線路に落としたようです」と言うと、
「列車が出たあとでないと拾えないんですよ」と言って、
「このまま待ってもらえますか」とのことだった。
運良く女性もそれほど遠くの方ではないらしく、次の列車まで待つとのことだったので、それで無事収まった。

こういうトラブルって実際に起きるんだなと改めて思った。
確かに、ホームと列車に隙間があるから気をつけてくださいという放送は流れるが、
それほど気にしたことはなかった。

私自身、携帯画面等を見ながら列車に乗り込むことがあるので、足元をあまり見ないことがある。
改めて気をつけようと思った。
また、遠巻きから見るだけでなくちゃんと助けてあげられるようになろうと思った。
今回はたまたま車掌さんが近くにいたのを気づいたのですぐに行動を起こせたが、自分が忙しかったり、周りの事に気を使う余裕がない時などに同じように呼びにいけるかどうか自信がない。
いつでも人のことを気にかけていられる様に気をつけようと思う。

基本的に休みは休みとして、仕事とは分けて生活するようにしているし、
休日に移動などが入った場合には、その前後を使って、平日に休みを入れて帳尻あわせをするようにしている。

しかし、切羽詰まると、どうしても休みの日に仕事をしないといけない時がある。
にっちもさっちも行かないときは、事務所まで出かけて、周りを拒絶して仕事モードに入るが、正直休みの日に職場に行きたくない。
でも、仕事をしないといけない。
そんなときにちょっと困るのがテンションの上げ方。

ぶっちゃけて、頑張るしかないのだが、なかなかテンションが上がらない。
昨日は、正直そんな感じだった。
どうしてもどうにも行かないときは裏技をとる。
ようは、仕事をしないでさっさと寝るというものだ。
意外とこれが効果がでる。

もちろん、仕事自体は全く進んでいないのだが、次の日等にむちゃくちゃ仕事がはかどっていく。
ようは人間追い詰められたら理由なんてどうでもいいってことなんだよね。

もっとも、この方法は、お客さんに迷惑をかける確立が高いので、
どうしてもテンションが上がらないときのみ、実行している。
威張って言うことではないが・・・・。

こんなとき、密かにスケジュール確認ができない自分に対して悔やんでしまう。
今から、再び頑張ろうと思う。

乗馬を楽しんできました。

10月から新しい仕事が始まったときに、
結構、「趣味は何ですか?」と聞かれることが多くなった。
そんなときに、わりかし自慢げに応えるのが、
「実は、乗馬をやっています」
というものだった。
結構、周りの人が驚かれるので、ちょっと嬉しくなります。

それはさておき、
春から通っている乗馬スクールで、何とか5級を合格したのが先月。
仕事の都合で、それ以降なかなかスクールに行くことができず、本日久しぶりに行きました。

クラスがビギナークラスから初心者複合クラスと一つ上にランクアップして、はじめてのスクールです。
やっていることは、ビギナークラスと同じなのですが、乗るコースが2倍以上に広がっているため、思った以上に疲れました。

ただ、その分、
「今、俺は馬に乗っている・・・・」
という気分を満喫できました。
もうちょっと頑張ると、暴れん坊将軍みたいに駆け足ができるということなので、それを楽しみに頑張ろうと思います。

加速度学習法の実践

先月、ISOの講師研修で、AL(加速度習得法)なる学習方法を学んだ。
パワーポイントなどを使わずに、受講者の五感を活かした講義の進め方をするというものだ。
もともと、インプロゲームなどを講義に組み込みたいと思っていたので、非常に参考になったが、
規格解説という場ではどうアレンジしたらいいのかがイマイチつかめていない。
というより無理ではないかと思う。

しかし、今日は生産改善セミナーなので、「気づき」という観点で使えると思う。
はじめにアイスブレイクとして、コミュニケーションマジックを行い、
グッとつかんだ後に、パワーポイントで品質管理の説明を行う。
途中、クイズを入れて、目線を変えてみる。
配付資料にないものを表示して、書き取り作業をさせてみる。
午後は、インプロゲームを通じて、コミュニケーション能力を磨き、
最後に品質管理の説明ゲームを入れて、終わりにしようと思う。


はじめての試みだが、イロイロ実践してみようと思う。
うまくいけば良いのだが・・・・。

福岡が赤くなっている

福岡ではクライマックスシリーズということでドームでホークスとマリーンズの試合が行われている。
私自身はカープファンなので、それほど興味はないが、家族がホークスファンなのでやはり気になる。

ただ、試合結果以上に気になるのが、応援用のユニフォームだ。
街中が「勝どきレッド」と呼ばれる赤いユニフォームを着ているのはやはり違和感を感じる。
二度合った事は三度あるということでみんなが赤いユニフォームを着ているのだろうけど、本来のユニフォームの色じゃないだろう。
そんな浮ついた感じでいいのか…………とおもってしまう。
なんか最初から神がかりのみを期待しているような感じで、素直に受け入れられない。
そもそも他のチームカラーを使うのはなぁとも思う。

このことを家族に話したら、
優勝争いができないチームの僻みに聞こえると言われた。
そりゃその通りなんだけど。

悔しいなと思いつつ、今日も応援するんだろうな。

京都の魅力

仕事で奈良に行くことになった。
前日に奈良まで移動できればいいのだが、日程の都合上
夜に京都駅から新大阪駅ぐらいまでしか移動できそうになかった。

お客さんからは、難波駅からの経路を教えてもらっていた。
時刻表で調べると確かにそちらの方が便利そうだ。

ただ、新幹線でついたあとに移動するというめんどくささと
京都駅からもいけるのではという単純な思いで調べると
ちょっと時間がかかるが無理なくいけることがわかった。

そこで迷わず京都での前泊を行った。

もちろんゆっくりと京都を散策するという時間はないが、
ちょっとだけ早起きして、ホテル周辺の寺社をめぐるだけでもかなりお得な気持ちになる。

これから何度も行くことになるだろうから、少しずつでも早朝散歩で京都の魅力を感じる事ができればと思う。

本日東京スカイツリー点灯実験

本日浅草から鎌ヶ谷方面に移動中。
浅草のホテルから見上げる東京スカイツリーはやはり大きいとおもった。
最上階にある露天風呂から眺めつつ、凄いなぁーと感心していた。

それで今朝チェックアウト時にホテルのボードを見ると
「点灯実験」の文字が…………

今日の実験がうまくいくと、あとは開業まで予定はないそうです。
多分すごくときれいだと思うので見たかった。

確かにこんな風に注目されると、やたら建物を立てたがる行政の方も分かるなぁと変な感想を持ってしまった。

自信と過信

昨日移動中に読んだ本の中に、
「スタッフに自信は必要。
経営者に自信はダメ。」
というのがあった。
スタッフには自信を持ってやれ……と送り出すべきだが、
経営者が自慢げに「これをやれ」といっても、その事が雰囲気を悪くする事がある。

常に新しいことを決める際には、周りの意見をしっかり聞くべきだとあった。
自分の独りよがりにならないように気をつけるべきだということだろう。


これが意外と難しい。
つい、自分にはできるから・・・と、自分の考えをそのまま組織の考えにしてしまっているところがある。
自分の好きな言葉に次の言葉がある。

現在を到達点と思うのは過信。
現在を通過点と考えるのは自信につながる。

改めて、気をつけようと思った。

西有田駅で一休み

本日の仕事が終わって列車を持っているところです。第三セクターの松浦鉄道。お昼の時間は一時間に一本しか列車がありません。もちろん事前に時間を調べて間に合うようにコンサルを終了したつもりでしたが、土壇場で声をかけられ、ちょっと送れたため、一分違いで乗り損ねました。結局次の電車まで一時間位駅でまったりとしています。

初めは「えぇ………」と思っていましたが、
メモをとったり、仕事をまとめているうちに時間がすぎているようです。
いろいろしないといけないことはあるけど、
持ってきていた雑誌とかゆっくり読んで、自分らしい時間を逆に過ごしています。
たまにはこんな時間もいいですね。

ノーベル賞受賞者のメッセージをどう受け止めるか

ノーベル受賞者が「若者にもっと海外で頑張ってもらいたい」という趣旨の発言をされていた。
これは、海外に出かけ、広い視野を持ち、感性の違う仲間とともに切磋琢磨して自分の能力を高めて欲しいという意味だと思う。
実際に留学する学生が減ってきているという傾向を踏まえ、
数十年後には、知的競争力が低下してしまうのではないかという危機意識から出た言葉だと思う。

マスコミは、この点を取り上げ、海外に留学する学生が減ってきていることなどを報道し、「もっと若者に意欲を持ってもらいたい」というコメントを出していた。

私は、こうしたマスコミの対応にちょっと疑問を感じた。
この「海外に出て行け」というメッセージは、具体的に海外に行けという直接的な意味だけではなく、
むしろ、「広い視野をもち、切磋琢磨していって欲しい」という意味の方が強いのではないかと思う。

70代、80代の研究者にとって、若者とは、何も学生に限らず、30代、40代、50代も対象ではないか。
今一番社会の屋台骨を支えているという意味では、40代を中心とした世代へのメッセージと考えるべきではないか。

もちろん、40-50代で海外にチャレンジするという余裕はないかも知れないが、
広い視野をもち、自分を切磋琢磨するという意味では、いつでもできるし、
逆に一番頑張らないといけない世代だと思う。
そういう世代に対して、「もっとやればできるだろっ」というメッセージだと私は受け止めた。

私なりに頑張っていこうと思う。

楽しく飲めていますか

昨夜、仕事先の方との飲み会があった。
非常に建設的な意見交換等ができて楽しく飲む事ができた。

しかし、毎回こういう訳ではない。

飲みごとは好きなので誘われたら大抵断らずに参加する。
そして、飲み会の話題になるパターンとして、いくつかある。
まず、同業者で飲み会の話題で飲む場合。
一番多いのは仕事の話。それも結構先行きが悪い話になる。
これはつまらない。
特に昔はこうだったという過去の話しか出てこない時がある。
今の話をしようよ。前向きな話をしようよ。
といっても、もう無理だから…と話が終わる事が多い。
大変厳しい言い方だが、そんな話しかできない人とはあまり飲みたいと思わない。
逆にすごく楽しく飲めることもある。
それが昨夜のように、未来予想図を語り会える時は楽しい。
学生時代、下宿に集まって仲間同士で人生とかいろいろ語り合ったような感じに似ている。

次に仕事先の方と飲む場合。
大きくわけて2種類の傾向がある。一つは現状の不満を外部の私に愚痴るパターン。
これは楽しい話ではないが、一人一人の想いを受け止めるきっかけになるので大変参考になる。
もう一つは全く仕事に関係ない、プライベートの話になるパターン。
私の場合、野球が好きなので野球ネタで盛り上がる事がある。
他にも歴史とか旅行とか乗馬とかアニメとか、結構多趣味なのでいろんな話題で楽しめる事が多い。

結局、前向きに「こんなことをやろうよ」と言い会える時が一番楽しいんですよね。
それが仕事の場合もあるし、趣味の話の場合もあるということだと思う。
楽しく語れる仲間を少しずつでも増やしていければと思った。


出張時の楽しみ DVD鑑賞

昨日は久しぶりに自宅でいろいろ仕事の段取りをした。
仕事の準備もさることながら、一番時間をかけたのはiPadへの動画の読み込みだった。
自分が趣味で持っているDVDを変換して持ち運んでいる。モバイルパソコンを使っているのでDVDが無く、これまでは外付け又はポータブルDVDを持ち歩いていた。
これが思っていた以上に荷物になる。
しかし、出張に気分転換はしたいしということで頑張って持ち運んでいた。
今は準備に時間がかかるが、荷物が軽くなってとても助かっている。
見る暇がないので最近は購入を控えていたのだが、もう一度いろいろ揃えて行こうと思っている。

来年こそは……………

広島カープファンとしてこの時期は切なくなるが、
5位のカープにとって、マエケンだけが心の拠り所となっている。

毎年、今の戦力に新戦力がうまく加われば来年こそは…と夢を見る時期でもあるが、
今年は特にその想いが強い。
やはりマエケンに優勝を経験させてやりたいと思う。

来年、黒田が広島に戻ってきてくれて、大竹が復活して、ちゃんとした抑えの投手を外国から連れてきたら、無茶苦茶優勝の可能生が出てくるんじゃないかと今だけでも妄想していたい気分になる。

それはさておき、やはりスポーツニュースでも
阪神の逆転負けほどではないが、大きく取り上げてくれていて、何だか嬉しかった。
来年こそはペナントレースで盛り上げていければなと思う。

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。