ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ地の事情かな?

先日、出張で宮崎空港を利用しました。
プロ野球のキャンプインを控え、空港は歓迎ムード一色です。
5球団が来るようですね。
各球団のマークが上に順番に並べられた垂れ幕がかかっており、
 巨人
 ソフトバンク
 ヤクルト
 西武
 広島
の順に作られています。
まぁ、セパセパセという順番に並んでいるのだと思うのですが、
カープファンとしては、
「ここでも下位扱いかよ~~」と嘆きたくなります。

まぁ、ファンとしてはこれからワクワクしますね。

んで、お客さんにそのことを伝えると、
「そうですね。年が明けたって感じがします」とのことでした。
まぁ、そんなもんかもしれませんね。

ただ、そのお客さんがポツリ。
「私はJリーグを応援しているんですけどね。
 キャンプに10チーム近く来ているのに、どこにも歓迎ムードがないんですよ」

確かに、去年まではJリーグも歓迎の一環に入っていたような気がする・・・・。
来年以降、巨人の沖縄キャンプがスタートすることを含め、
とりあえず、プロ野球向けにキャンペーンをやっているのかな?
スポンサーサイト

体調がなかなか復活しない!!!

体調を崩したまま、なかなか復活できない!!!

と、別のブログで書いたら、随分と心配されてしまった。
確かに、体調は崩しがちだが、理由は簡単。

飲み過ぎているだけ・・・・・

普段は、ある程度飲んでも、一日二日ゆっくりすれば、
ある程度復活していたのに、今はなかなか復活しない。

どうしてかな・・・・と思って、ネット等で症状等を調べていたら
なんと同じような症状の人が多いらしく、
その注意書きに、
「加齢とともに、発症する可能性が高くなります。
 ○○、○○、○○が該当する方は普段から気をつけましょう」

と、なっていた。

まさしくすべて当てはまる。

なるほど・・・・・・
単なる二日酔いじゃなかったんだ・・・・

まぁ、仕事が落ち着いたら、
一度病院に行ってちゃんと診断してもらおうかなと思う。
とりあえず、週2回は休肝日を設けるようにしようと心に誓った。
いつまで我慢できるか、わからないけど・・・・

福岡市美術館でトリノ・エジプト展を見てきました

トリノ・エジプト展を見に行った。
平日の15時頃という、一番人が少ないだろう時間を狙っていったおかげでかなりゆっくり見ることができた。

エジプト展そのものは、非常に人気が高く、土日に行くと、なかなかゆっくり見れないのだが、
今日は、石板を解読しようと思えばできるぐらい(能力的に無理だが・・・・)、ゆっくり見ることができた。

展示の仕方に、鏡をうまく使い、360度から鑑賞できるように、
海外ならではの工夫があり、日本の博物館や美術館ももう少しこの辺りの見せ方を学んでくれたら良いと思った。
ただ陳列するだけでなく、学べる姿勢を身につけるものが良いと思った

学ぶことがまだまだたくさんあります

昨日、中小企業家同友会の新春講演会&新年会があった。
ライブレボリューションの増永氏のお話を聞いた。

以前、NHK番組の「ソクラテスの人事」などで紹介されていた独自の人事評価制度など、参考になるお話をいろいろ聞かせてもらった。

正直、最初の30分ぐらいは会社の概要の説明であり、やや物足りないと思って聞いていたが、増永さんが「独自の企業文化」と自信に満ちた状態で話されていた人事評価制度などオリジナルの取組みについて、話が及ぶと非常に興味がわく内容になった。

「自らの意思で人は変わる。しかし、会社の意思で人を帰ることはできない。だからこそ、素晴らしい人を採用することに全力を尽くしている」という熱い思いがしっかりと伝わってきた。
新規採用するにあたり、8次試験まで実施し、個人の適性をしっかり見抜こうとしている姿勢など同じ経営者として非常に参考になるものだった。

その後、新年会が始まったが、意外なことに参加者の講演者への評価はそれほど芳しくなかった。
理由は、東京と福岡の違い。

「東京の大学をでた学生が、福岡の中小企業に就職してもらえるとは思えない。もともと学生のパイが違う以上、いい人だけをセレクトして採用するような状況にない。良くも悪くも採用し、そのなかから、淘汰させていくしかない。」
という意見が大半だった。

確かに、その通りだと思う。
人事採用について、同じような取組みはできないと思う。

しかし、私は会社経営の方法論ではなく、
この方法論に到達した経過は、とても参考になると思う。

経営者は自分の会社をいかに変えて行くかが大切であり、
それは自分で考えるしかない。
むしろ、方法や結果よりも、そのとき「何を考えたのか」をしっかり学ぶことが必要だと思う。

そういう意味で、私はまだまだだということを痛感した。
非常に有意義な時間を過ごすことができた。

「役員報酬に対する社員への想い」にちゃんと応えるべき

ネットで、次の記事を確認した
++++++++++++++++++
オフィス用品に関する総合サイト「オフィスバスターズ」とアイシェアが共同で、職場経費の仕分けに関する意識調査を行った。
 不況が続く現在、事業仕分けも話題となったが、企業の経費に関しては何が無駄だと思われているのだろうか。仕事をしている721名に「あなたの職場で最も削らない方がいい経費は何か」を聞いたところ、1位が「人件費」(46.3%)、2位が「残業代」(23.4%)となった。その理由としては、「社員のモチベーション維持のため」という回答が目立つ。 
 一方、「あなたの職場で最も無駄が多いと思う経費は何か」の問いでは、1位が「役員報酬」(25.1%)で、以下「接待・交際費」「光熱費」と続いた。「役員報酬」が無駄だと思う理由としては「給料に見合った仕事をしていない」「役員が多すぎる」、「接待・交際費」では「業績に反映されていない」などの厳しい意見が数多くみられた。また「光熱費」に関しては、「節約すればできるから」「昨今の『エコ』を反映して」など前向きな理由が大半を占めている。
++++++++++++++++++++++
確かに、社員の立場からは、人件費や残業代を減らされることはたまらないだろう。
一方、企業戦士の立場でいえば、戦場で戦っていない上官に対して、不平不満が高まるのも当然だろう。

戦場が違うのだから、前線の兵士と、後方の士官の役割が異なる。それに対する報酬が違うのも当然だ。
しかし、そのことを理由に、安穏と現場のメッセージを理解しようとしない士官は低評価されてやむを得ないだろう。
ようは、立場に見合った仕事をすべきであり、管理のための管理という無駄な仕事ではなく、また、過去の賞賛に対する報酬でもなく、現在の役割に応じた報酬であるかどうかを真剣に吟味する必要があるのだろう。


こういうアンケート結果等が報道されると、
一部の経営陣からは、「社員が理解していない」など嘆き節が出てくるのが通常だが、
そういう姿勢こそがこういうアンケートの結果に反映されているのではないかと思う。
もっと、真剣に社内の声を拾い上げて行く姿勢を明確にしていくきっかけにできればと思う。 

センター試験が終わりましたね・・・

本日、センター試験が無事終了しましたね。

かなり昔のことですが、
ニュース等で見ると、「あぁ、そんな時期か~」としみじみします。

受験生の皆さん、まだまだ続くでしょうけど、とりあえず今日はゆっくりお休みください。


自分たち、ビジネスマンにとっては、
これからの時期、なかなかホテルの予約が取りにくくなるので
ちょっと困るのですが、
まぁ、自分もかつてはそうだったんだから・・と、
頑張れっていう気持でこっそり応援しています。

管制塔のトラブル

本日、羽田空港から朝一番の飛行機で福岡に戻った。

昨晩、ホテルで、「少し寒気がするな~」と思い、エアコンをつけたまま寝たのが失敗だった。
寒さが加わったこともあり、一発で体調を崩した。

普段、体調を崩したときは、一種の自己暗示で、「肉うどん」を食べることで復活してきた。
が、今回は先にお腹を壊しているため、食欲が湧かない。
というか、口に入れたら、すぐに嘔吐してしまう・・・・。
こうなったら・・・ということで、仕事をキャンセルして、
覚悟を決めて、ひたすら寝ることにした。

すると、夜になってから、ようやくお腹が空いてきた。
一度食べ始めると普段と変わらない状態になった。
やっぱし休息をとるということが、一番の薬なんだな~と改めて感じた。

今日は、羽田空港で管制塔のトラブルがあったようで、
もし、次の飛行機にしていたら、福岡に戻るのがずっと遅くなっていたかもしれない。
そうなると、ますます悪化していただろう。
怪我の功名で、あまり無理をするな~というお告げなんだと思って、
今年一年を改めて頑張っていこうと思う。

もう10日が過ぎました

2010年がスタートして、すでに10日が経過した。
毎年、元旦には今年の目標を決めるようにしている。
今年からは、システム手帳に書き込んで、日々忘れないように確認するようにしている。

年間目標のなかで、それぞれ月ごとにクリアすべき項目を決定している。
それで、上旬、中旬、下旬と10日毎に進捗状況を見直すことにしており、
その一回目の確認を行う時がきた。

やはり、あまり動きがなかったせいもあり、
ビジネスもプライベートも目標達成にはなっていないが、
強制的にでも、目標を見直す時期を作ることにして正解だっと思う。

例えば、ウォーキング。
今年から毎月100km歩くことを目指すことにして、正月からネットに記録を残すようにした。
これまでも、それなりに歩いているのだが、記録として残していなかったため、
普段どれだけ動いているのかが実感できていなかった。
しかし、ネットに記録することで、画面をみるたびに、
「あと、どれだけ歩けばいいのか」
「日曜日に散歩に行こう!!」
など、前向きに考えられるようになってきた。

もともとダイエット目的で始めたものだが、
記録が更新されていくうちに、歩くこと自体が楽しくなってきた。

マイルストーンを明確にすることが、
活動の原動力なんだな~と改めて感じた。

ビジネスの目標等も達成できるように頑張っていきたいと思った。


お昼ごはんがタダになりました

本日から本格的な仕事始め。
一応昨日会社に出て、年賀状のチェックとか、事務所近くの神社に参拝に行くなど、ちょっとしたことを片づけた。
それらの用事が終わると13時頃だった。
他にすることなどを特に決めていなかったので、
ランチを食べに行くついでに、いくつか買い物をして帰ることにした。

どこに食べに行こうかと考えていると、
回数券の払い戻しをしないといけないことを思い出した。
連れが新しくなったデイトスに行ってみたいということもあり、
それならばと、
 博多駅に行って、回数券の払い戻し
 新しいデイトスでランチを食べる
 その後、ヨドバシカメラで買い物を済ませる
というコースになった。
 
が、ココで一つのミステイク。
というか、博多駅が帰省客等と仕事始めの方が半々という形で賑わっており、
デイトスでランチを食べようにもほとんどのお店が満席だった。
待つのがいやだったので、
とりあえず直ぐに座れそうなお店に入り、
昼のランチセットのなかから、天丼セットとカキフライ定食を選び、注文した。

しかし、ココからが誤算だった。
料理がなかなか出てこない。
凝ったメニューではなく、お昼のランチメニューの中から選んだものであり、
どう考えても時間がかかるようなものではない。

13時半前にお店に入ったのに、料理が出てきたのが14時すぎ。
しかも私が頼んだカキフライ定食のみ。
小声で
「たかがカキフライ定食になんでそんなに時間がかかるんだろう~~」
と言いつつ、とりあえず食べ始めた。

私たちより、後からきたお客さんの料理が先に出てきていた。
「ねぇ。あの人は私より後からきたよね・・・・」
などと小声で話していると

近くにいたフロアマネージャーの方が
「大変申し訳ありません。まもなくお持ちできますので・・・」
と一言声をかけに来た。

大人しく「わかりました」と返事。
すると、お盆をもった店員さんが近づいてきた。

「あぁ、これで食べられるな」と思っていたら、
私たちのテーブルの手前で右に回り、さらに私たちより後に来たお客さんのところに持っていった。

私たちは「あぁ~」という感じ。
フロアマネジャーの方は血相を変えて、厨房に走って行った。
それから、5分以上経過して、ようやく料理がでてきた。

「まぁ、料理が来たんだから」と気を取り直して料理を食べていると、
先ほどのフロアマネジャーの方が
「大変お待たせしました。本日はご迷惑をおかけしたので、
 お代は結構です。申し訳ございませんでした」
と、明細を引き上げて行った。

結局、タダで食事をしたことになるのだが、
お店をでたのが、14時50分。
1時間以上、昼飯をたべたのは久しぶりでした。
得したのやら、損したのか良く分からなかった。

こっちとしては、特に時間があったわけではないから、良かったけど
駅中のお店で、ココまでお客を待たせたらマズイでしょうね。

できれば、ちゃんと改善につながってもらえたら良いと思った。



生物多様性保全に向けた本格的な取組み開始の年にしよう

2009年12月のECO検定の問題にも取り上げられましたが、
地球環境問題に積極的に各国が協力し合う契機となった1992年地球サミットで採択された重要な条約が2つあります。
ひとつが「気候変動枠組み条約」であり、もうひとつが「生物多様性条約」です。

このうち、地球温暖化対策である「気候変動枠組み条約」は良く取り上げられていますが、
生物多様性対策は、関心が低く、認知度も低く、昨年の世論調査では61.5%が「聞いたこともない」と回答しています。

生物多様性とは、生物とその生育環境を守り、将来世代まで伝えて行くことを目指すものであり、生物から得られる様々な公益を活用しつつ、保護していくという持続的開発の基本的な考え方に基づく概念です。

今年10月には名古屋で第10回締結国会議が開催されます。
日本が議長国を務める今回の会議のなかで、次の目標を決定し、効果的な対策を議論することになります。
日本は、2009年3月にようやく経済団体が「生物多様性宣言」を発表し、8月に環境省がガイドラインを示したにすぎません。
この条約における規制等が厳しくなることで、生物資源の有効活用や土地活用の面からも、企業経営の面から多大な影響が出てくることは間違いないでしょうし、新たなビジネスチャンスも生まれてきます。
新聞でもようやくいろいろ取り上げられ始めており、今年は生物多様性をキーワードとして、環境経営に取り組むところが増えてくるのではないかと思います。

自分の身の回りで、生物多様性への取組みの一歩を考えてみてはいかがでしょうか?

福岡では、初詣と言えば、三社参りのことを指します。
福岡県を中心に九州地方、中国地方の一部に普及したと言われる三社参り。所説はいろいろあるようです。

私は広島出身ですが、三社参りのような風習がなく、逆に「3つも神社をお参りすると神様が喧嘩する」といって、否定する感じがあります。
(私の実家だけかもしれませんが・・・・・)

私も当初は違和感がありましたが、実際に福岡に住みついて10数年が経過して、毎年三社参りを続けています。

どこを参るのかはそれぞれの家庭で異なります。
我が家では、
 ・自宅周辺の比較的大きな神社。
 ・事務所近くの大きな神社。
 ・商売の神様の十日恵比寿神社
の3つを参ります。

 自宅近くでは、「家内安全」
 事務所近くでは、「心身健康」
 十日恵比寿では、「商売繁盛」

最初、「なんで3箇所も参拝する必要があるんだよ~~」と、
ちょっと面倒だなと思っていました。
が、毎年やっているとなかなか新鮮でよいです。
新年を迎えるにあたり、徐々にギアを入れて行く感じがして、
非常に前向きな気持ちになれます。

とりあえず、昨日、自宅近くの神社を参拝しました。
明日は、仕事初めで会社近くの神社を参拝します。
週末に、十日恵比寿祭りで、商売繁盛を祈願します。
これで、ようやく新年がスタートする気がします。

あけましておめでとうございます

2010年が幕開けしました。

どんな年になるのか、予測が難しい時代ですが、
精一杯できることから、確実にこなしていく一年にしたいと思います。
そんな意味で次の2つの明言を心に刻み、頑張っていきたいと思います。


『1年先、2年先、3年先の「あるべき姿」を持っている人は、
 毎日の仕事が輝き、
 持たない人は、ただの作業に追われている人です。』

『努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る』


常に、将来を見据え、希望を語り続けられる一年にしたいと思います。

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。