ISOコンサルティング アイムスのブログ
アイムス代表コンサルティング【三村聡】と【アイムスビ】がお届けする気ままブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格試験終了・・・

本日、「企業情報保護士」の試験を受けました。
まぁ、自分なりにはできたと思うのですが、前回1度落ちているので自信が持てません。

それはさておき、
こうした資格受験がある意味ブームになっています。

自分は、資格取得のための勉強をすることに意味があると思っているので、何らかのきっかけになればという程度でしかやっていないのですが、
ものすごく真剣に受験している人がいます。
そして、履歴書などに「○○資格を持っています」とPRする人が多いです。

私は、こういうとき、資格を持っているということよりも、
 自ら資格を受けようとしたこと。
 資格勉強のやり方を身につけていること。

などを評価するようにしています。
大学入試などと違って、資格試験というのは、「この範囲」から出ます・・・。
もしくは、民間資格の場合は、公式テキストの本文がそのままテストに出たりします。

したがって、知識というよりも、しっかりとテキストを覚える・・・という努力をした人が勝ちます。
資格を持っているということは、こうした努力ができる・・という一つの目安だと思い案す。

が、努力ができる目安であり、仕事ができるという目安ではないのです。
だって、要領のよい人は「覚え方」を知っています。
でも、仕事は要領よくいく場合だけではありません。
資格をもっているからと言って、仕事のレベルが上がるわけではありません。

資格マニアにならないように気をつけようと思いました。
スポンサーサイト

今年の大河ドラマは外れじゃないですか?

正月から、合計3回大河ドラマをみた。

人物としては、非常に興味ある人なので、
どういう物語になるのか、どのように取り上げられるのか、
大変楽しみだったのですが、非常に期待はずれだった。

主人公の演技がどことなく軽い感じがする。
なんか、うまく演技がのれていないし、口もちゃんと台詞が回っていない感じがしました。
これは昨年も同じだったと思います。
が、昨年は周りを固める俳優陣がしっかりしており、物語を非常にしまったものにしていた。

今年はこの点が非常に希薄です。

配役のテロップが流れるときに、最後に誰が紹介されるかで、大御所かどうかがわかります。
いつも、「この人が最後にくるのか・・・」などとある意味楽しみでみているのですが、今回は「阿部寛」(上杉謙信役)が最後。

別に彼の演技が悪いわけではないが、それでもやはりまだ大御所の器ではないと思います。


話の進め方も思いっきりトレンディードラマのノリだし、来週から見るかどうか悩んでいます。
というより、たぶん見ないだろうな・・。

ハドソン川不時着事故を考える

ハドソン川に不時着した事故について多くのメディアが機長を褒めたたえるコメントを発表している。
私も素晴らしい判断であったと思う。

しかし、このニュースを見て日米の違いを感じることが一つある。

それは、数年前、日本で起きた航空トラブル。
大阪から高知に向かった旅客機の足が出てこないため、胴体着陸をしたことがあった。
見事着陸して、誰も負傷者を出さなかった。

海外のメディアも素晴らしいと褒めたたえた。

しかし、日本のメディアは機長を褒めるようなコメントはほとんど報道しなかった。
逆に整備不良である点などをいろいろ取りざたした。

もちろん、整備不良等を取り上げることは大切だが、
まずは緊急的な対応について、ちゃんとできたことを報道する姿勢が必要だと思う。

できたことはできたこととしてちゃんと報道する。
そのうえで、改善すべきことを改善する。

日本は失敗率0%を目指す
アメリカは成功率100%を目指す。

こういう事故が起きたときに、こうした日米の姿勢の違いがはっきり出てしまうと思う。


高校スポーツで考える郷土意識

高校サッカーで広島皆実高校が優勝した。

私自身、高校までは広島で過ごしたが、大学、社会人と鳥取、福岡とずっと違う町に住んだ。
特に、今の福岡は合計で15年目になる。

にも関わらず、やはり高校スポーツは広島の高校を応援してしまう。
特に、自分が好きな野球やサッカー、駅伝などは特にそういう傾向がある。

これが郷土愛なのかな~と毎回思ってしまう。

10km完走できました。

昨日、壱岐マラソンに参加してきました。
何とか10km完走しました。
タイムは56分25秒。

1時間を切ることが目標だったので、何とかクリアできました。

DSCN4183.jpg

んで、走り終わって思ったことですが、
やっぱし達成感があってよいですね。

走り終わったあとは、笑顔になれました。


んで、走り終わったあとの壱岐牛も最高においしかったです。
 焼肉「うめしま」
  写真の料理で3人前3500円です。
  安くておいしい最高のお店です。
  食べログにコメントしていますので、よろしければそちらも覗いてください。
DSCN4187.jpg

今回は料理のおいしい民宿に泊まって、たくさん食べて、
んで、走り終わってたくさん食べて飲んで・・・・。

家に戻って体重計に乗ると、大会に出る前よりも太っていました。

でも、こういう楽しみがあるから、頑張れるので、これでよいかなと思います。
明日からまたダイエットに頑張ろうっと



マラソン大会へ出陣

今日は午前中。
とある会社のセミナー講師を務めてきました。
これで一つ仕事が終了、

その後、自宅に戻り、これから福岡港から壱岐に向かって移動します。
明日、壱岐で開催される「壱岐新春マラソン」に参加します。

日本海が荒れているようなので、心配なのですが、約1時間の船旅になります。
今年の目標のひとつ、
マラソン大会で自己ベストを更新する・・・・を実現するために頑張ります。

ただ、マラソン大会に出場することよりも、その大会に合わせて、
知り合いのマラソン仲間に会えるのが楽しみです。

基本的に大会でしか会いません。
自分は、5年ぶりの参加になります。
年賀状等ではやり取りをしていましたが、久しぶりに会えるので楽しみです。

73kgの壁

毎年、この時期は正月太りが気になります。
しかし今年は違います。
珍しく体重管理をちゃんとしたので、お正月太りは避けられました。

昨年1月2日の時点で80.4kgでした。
これはまずいと考え、1年かけて-10kgの目標を掲げてダイエット開始。

しかし、以前の日記にも書きましたが、
7月の段階で73kgになった時点で油断をしてしまい、
その後リバウンド。
再びチャレンジしましたが、12月初めの段階で76.8kgでした。

しかし、ココでWiiの登場。
真面目にやっていると、何と12月末73kgになりました。

が、残念ながらこれ以上体重が減りません。
この1週間±0.3kgを行ったり来たりです。
バランス年齢は向上しているのですが、体重は73kg台で止まっています。

いまの時期をちゃんと調整できれば、いいらしいのですが、
困ったことに新年会、歓送迎会が待っています。
またリバウンドしそうで怖いです。

仕事はじめに年賀状をみて思うこと・・・・

本日から仕事はじめ。

といっても、今日は近くの神社への参拝。
会社に届いた年賀状の整理。
及び明日からのコンサルティングに向けた資料整理といった静かなスタートとなります。

それで、年賀状を整理して思ったこと。

1.メッセージがない
会社で用意したはがきをそのまま送ってきているケースがほとんどでした。
印刷したものをそのまま送るだけでは、単なるDMと何も変わらないと思います。
もちろん、すべて手書きで書けという意味ではありません。
しかし、一言、二言は何らかのメッセージが含まれているべきではないかと思います。

2.送り主がわからない
そして、何より気になったのが、送り人の名前が書かれていないものが多くありました。
私は、会社とお付き合いをしているのではなく、その人とお付き合いをしているつもりです。
それなのに、「○○株式会社」としか書かれていない。
誰がおくって来てくれたのか全くわかりません。
真剣に私とお付き合いする気がないのだなと悲しくもなります。
ならばこちらもそれなりの対応をしようと思います。


年賀状をただ単に慣習だからという思いでやっているだけの人と
相手のことを考えて、何か伝えようとする人の違いはココから生まれてくると思います。

できる人とできない人の差って案外こういうものだと思います。



正月番組のCMみながら思うこと--正しい情報を伝えてほしい

実業団駅伝や箱根駅伝を見ていると、自動車やらビール会社などの新春用のCMが流れている。

環境メッセージを含めたものが多いような気がするのは時代の流れを感じます。

が、これらのメッセージが必ずしも正しくないのが多いような気がします。
正しくないといえば、少し語弊があるかもしれません。

例えば、サッポロビール。
「100%協働契約栽培だからいいんです。」って、どうして。

タレントが、「料理を作る時には、思わず顔の見える原料を選ぶようにするんです。」と話をふって、ビールの話にもっていっている。

しかし、「顔の見える関係」が本当に必要なのかどうか、
  顔が見えれば、どこから調達してもよいのか、

 全くそういうことが伝わってこない。
 
 もちろん、短い時間のなかですべてを伝えることができない。
 しかし、どの価値を伝えようとしているのかがうかがえないとCMの意味がないのではないかと思う。


2009年の目標

厳しい寒さとともに2009年がスタートしました。

まるで今の経済状態をあらわしたような幕開けのような気がします。

しかし、厳しい時こそ、次のステップがあると思います。

毎年恒例のことですが、
フランクリン手帳に自分の目標を記載しました。

以前にもこのブログで書きましたが、
私は
 オフィス(経営者)
 ホーム(家庭人)
 ビジネス(仕事人)
 プライベート(趣味人)
という観点から毎年目標を設定しています。

主なものを下記に記載しておきます


<2009年の目標>

経営者として、
 ・経営革新法認定企業になる
 ・新規・継続あわせて50件以上受注(スポット含む)
 ・事業3本柱を確立する
 ・拠点3か所制度を確立する。

仕事人として、
 ・ビジネス本を出版する
 ・審査員に昇格する
 ・毎月メルマガを必ず発行する
 ・学会報告を行う
 
趣味人として、
 ・博多の文化活動に5回以上参加する
 ・全国の博物館を5か所以上訪問する
 ・福岡の演劇グループを支援する
 ・食べログに100件以上投稿する
 ・手塚治虫の文庫本をすべて揃える
 ・アキバ系グッズをそろえる
 ・広島カープの優勝に貢献する
 ・福岡レッドワーブラーズの優勝に貢献する

家庭人として、
 ・年2回は家族旅行に行く
 ・犬を飼う
 ・ハーフマラソンで自己記録を更新する

プロフィール

三村聡

Author:三村聡
ISO9001、ISO14001、ISO22000、OHSAS18001、プライバシーマーク
などのコンサルタント
【三村聡(有限会社アイムス代表)】
の多忙な日々を綴る、
スケジュール帳代わりのブログです。
時々独り言をつぶやいています。

福岡在住コンサルタントですが、
全国を飛び回ってます!

>>有限会社アイムスはこちら

著書紹介

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。